知っておくと便利!単身赴任に役立つ生活術

必要な物はリサイクルショップで揃えよう

数年間の単身赴任の場合、そのために生活品を購入するのは勿体ないものですよね。家から持って行ける物はそれで良いですが、新しく揃えなければいけない物もいろいろとあるでしょう。
日用品などを購入する際に是非活用したいのが、リサイクルショップです。今やリサイクルショップには、さまざまな生活必需品が並んでいます。中古品とは言えどもまだ新しく、しかも価格が安いので単身赴任のための買い物には最適なのです。
単身先でリサイクルショップを見つけて、楽しくリーズナブルに生活用品を揃えていきましょう。

家具類はレンタルする手もアリ!

単身赴任で会社の寮などに住める場合は問題ありませんが、賃貸を借りなければいけないとなると家具類も必要です。わざわざ購入しても、数年後にはまた家に戻ることになります。
そこで便利なのが、家具のレンタルショップです。机や電化製品、自転車などを借りることができます。中には家具レンタルだけでなく引っ越しサービスも行っている業者もあるので、上手に活用すれば引っ越しの際に家具類も搬入してもらえて楽ちんです。

とにかく日当たりの良い場所を選びたい!

単身赴任先の家は、日当たり良好な住まいであれば光熱費の節約にもつながります。日が当たらなければ暖房代もかかりますし、休日の昼間もずっと電気を点けて過ごさなければなりません。日当たりが良いのと悪いのとでは、必要な電気代がまったく変わってくるのです。
また一人で住むと家事や洗濯にも追われます。日陰は洗濯物も乾きにくいですし、家の中に干すと臭いが気になるものです。
日が当たらない暗い部屋は寂しさも増しますよ。
単身赴任で住む家は、とにかく日が当たる部屋を探しましょう。

人は家具がないとなかなか生活していくことができません。ただし単価が高いため単身赴任の家具は、買わずにマンスリーマンションの家具でまかなうのもおすすめです。