写真を先に撮影!前撮りのメリットって何?

前撮りは式典の前に撮影される写真

結婚式や成人式などでよく耳にする「前撮り」とは、式典の前に衣装を身につけて撮影することを指しています。
衣装に関しては実際に式典で身につけるもの以外にも前撮り専用の衣装を身につける人も多く、結婚式の場合は実際の式では身につけない和装または洋装で撮影するという人たちもみられます。

前撮りで利用できる衣装とは?

前撮りで利用されている衣装は男性用も女性用も多種多様で、七五三の場合は子供向けの衣装も多数用意されています。
例えば結婚式であればウエディングドレスやタキシードなどの洋装のほかにも白無垢などの和装も用意されていますし、成人式向けの振袖などもその時期の人気の柄や流行の柄が取り揃えられています。七五三の場合も男の子であればタキシードや和装、女の子であれば振袖やドレスなど種類もサイズも数多く用意されているようです。
そのため自分の好みの衣装を見つけられますし、衣装に見合ったシチュエーションや小物を使った撮影も可能です。

前撮りをするメリットとは?

前撮りのメリットは、何と言っても「撮影の時間を取れる」ところです。
式典と一緒に写真撮影をする際にはスケジュールが押しているので、どうしてもバタバタと慌ただしくなります。そうなると納得ができなくても撮り直しができない場合もあるので、前撮りをして自分が納得できる写真を撮りたい人にはおすすめです。
また「式典と違った衣装を楽しめる」ところも前撮りならではのメリットですし、結婚式の場合は前撮りした写真を使ったアイテム作成ができるところも魅力だと言われています。

前撮りは結婚式や七五三など、当日では忙しいため記念の写真を事前に撮影してしまうことです。撮影だけの時間をとることができるので、落ち着いて写真撮影に臨むことができます。