結婚指輪は二人の「愛の証」互いの気持ちを確かめ合って

結婚指輪が「愛の証」になったのはいつ?

結婚指輪の歴史は古く、古代ローマ時代にさかのぼります。とは言っても、当時は「愛の証」としてではなく、契約のしるしとして、花嫁ではなく、花嫁の父に贈られたものでした。

今のように「愛の証」として結婚指輪を身につけたのは9世紀のことです。ローマ教皇ニコラウス1世が最初でした。その後、ヨーロッパ貴族の間で結婚の証として指輪が用いられるようになりました。11世紀頃には結婚の際、指輪を交換する風習が広まっていきました。

指輪の丸い形は「永遠の絆」を表すとも言われています。

結婚指輪は男女ともに身につけるもの

結婚指輪の習慣が日本に広まったのは戦後のことです。

結婚した男女がペアのデザインのものを常に身につけて過ごします。

二人で同じデザインのものを身につけて過ごすことで一体感が強まり、心が繋がっていることを確認することができます。

結婚式で互いの指に指輪をはめる指輪交換の瞬間は感動のシーンでもありますね。

結婚指輪を選ぶときは

普段アクセサリー等を身につける習慣がない男性にとって、指輪を買うことは初めての経験になることも多いようです。

シンプルで違和感のないデザインのものを選ぶことがスムーズにいくコツかもしれません。

結婚指輪に使われるのは金やプラチナなどの金属です。金は調合する他の金属の割合によって色合いの違いがあります。リングの太さや表面加工、デザインによって指輪の印象は随分変わってきます。

長く使うものですから、好みに合うものを選びましょう。二人のイニシャルや記念日などを打刻してもらうといいでしょう。

結婚指輪というのは特別な意味を持つと考える人も多く、世界でたった一つという付加価値が欲しいという方も多いです。そういう方を中心に、手作りの指輪というのも人気です。